Pivotal Knowledge Base

フォローする

Zendesk 経由で大きいサイズのファイルを共有・アップロードする方法

環境

 製品  バージョン
 Zendesk  全バージョン

目的

本記事では、Zendesk を用いて Pivotal Support に対して大きいサイズのファイルを共有・アップロードを行う方法について記載します。

原因

現状の Zendesk におけるアップロードファイル制限が 20MB であるため、それ以上の大きいサイズのファイルの場合は他の方法を用いて共有する必要があります。

手順

Pivotal Support と大きいサイズのファイル共有は、以下いずれかの方法で行ってください。

Pivotal Secure Drop Zone (推奨方法)

Special Practices カスタマー対象、あるいはヨーロッパ連合内でファイルアップロードを行う必要のあるお客様は、下記言及のリンクを使用しないで、Pivotal Support からサポートチケットを介してアップロードリンクの払い出しを依頼して下さい。

こちらは Pivotal Support と大きいサイズのファイルを共有するため、最も推奨される方法です。この方法を使用するためには、まず、Web ブラウザーよりこちらのリンクにアクセスします。

Screen_Shot_2017-05-12_at_12.13.04_PM.png

次に、ファイルを添付したいサポートチケット番号を入力します。サポートチケットがない場合は、まず始めに起票してください。サポートチケットの起票方法はこちらを参照願います。サポートチケット番号は必須入力項目で、間違ったサポートチケット番号を入力すると対応が遅れることに留意願います。

最後に、Web ユーザーインターフェース経由でファイルアップロードを行います。Submit を押下すると、Pivotal Support へ通知され、当該ファイルが指定したサポートチケットに添付されます。

Pivotal Secure Drop Zone に関して質問がある場合や支援が必要な場合は、サポートチケットを通して依頼してください。  

ファイル共有サービス

ファイルを適切に安全なファイル共有サービスにアップロードし、Pivotal チームメンバーと共有することも可能です。

例えば、以下のようなファイル共有サービスを使用することができます。

Box.comDropbox.comGoogle DriveOneDrive あるいは、お客様が運用する独自ファイル共有サービス等

Pivotal Support にファイル共有し、Zendesk チケット上にファイルダウンロード方法等の詳細情報を付与願います。

ファイル分割

上記以外の代替方法としては、より小さいサイズの複数のファイルへ分割し、Pivotal Support が後で再結合できるようにすることがあげられます。

Mac/Linux では "Split" コマンドを使い、Windows では "7-Zip" を使うと良いでしょう。

Mac/Linux

$split -b 20m logs.tar.gz logs

上記のコマンドラインで、指定した大きいサイズのファイルがより小さいサイズの複数ファイルに分割されます。各ファイルサイズは 20MB で、それぞれのファイル名は logsaalogsbb といった形式となります。こうすることで、Zendesk 上に直接ファイルアップロードをすることができます。Pivotal Support スタッフは、以下のコマンドを用いて、元のファイルへと再結合することになります。

$cat logs* >> logs.tar.gz

Windows

Windows を使用している場合は、7-Zip を用いてファイル分割することが出来ます。

Screen_Shot_2017-05-12_at_12.08.14_PM.png

コメント

Powered by Zendesk