Pivotal Knowledge Base

フォローする

使用量が100%になっているファイルシステムの対処法

環境

製品 バージョン
 Pivotal Greenplum(GPDB)  4.2.x、4.3.x
 Pivotal HD(PHD)  1.1.1、2.0.1
 DCA  v1、v2 

事象

ファイルシステムの使用量が100%となった。これが、rootファイルシステムで発生した場合は、実際にデータにアクセスできない状況を引き起こす可能性がある。

原因

ファイルシステム領域の大部分を使用している以下のサイズの大きなファイルによるものと考えられる。

  • /var/log/gphd/*/*.log といったPHDログファイル
  • ユーザが生成したダンプファイルや一時的なファイル等、ファイルシステムに散在するもの

解決策

以下のコマンドにて領域の大部分を使用しているファイルを確認する。当該コマンドの出力結果を元に、どのファイルを削除すべきか、あるいは残しておくべきか決定することができる。出力結果が多い場合は、+50000の部分を更に大きい値にすることで対象範囲を絞ることが可能である。

# find <マウントポイント> -mount -size +50000

# find / -mount -size +50000 <<< こちらのコマンドラインでは、rootファイルシステム配下、サイズが25MB超のファイル一覧を出力する
/usr/java/jdk1.6.0_34/jre/lib/rt.jar
/usr/lib/locale/locale-archive
/usr/local/GP-4.2.6.0/bin/postgres
/usr/local/greenplum-db-4.2.3.2/bin/postgres
/var/lib/rpm/Packages
/var/lib/zookeeper/version-2/log.1400000001
/var/lib/zookeeper/version-2/log.140000c3a5
/var/lib/zookeeper/version-2/log.d00000001
/var/lib/zookeeper/version-2/log.f00000001
/var/lib/zookeeper/version-2/log.1300000001
/var/lib/zookeeper/version-2/log.c00000001
/var/lib/zookeeper/version-2/log.200000001
/var/lib/zookeeper/version-2/log.700000001
/var/lib/zookeeper/version-2/log.b00000001
/var/lib/zookeeper/version-2/log.100000001
/var/lib/zookeeper/version-2/log.1200000001
/var/log/gphd/hadoop-yarn-2.0.2_alpha_gphd_2_0_1_0/yarn-yarn-resourcemanager-hdm3.gphd.local.log.2 <<
/var/log/gphd/hadoop-yarn-2.0.2_alpha_gphd_2_0_1_0/yarn-yarn-resourcemanager-hdm3.gphd.local.log.4 <<
/var/log/gphd/hadoop-yarn-2.0.2_alpha_gphd_2_0_1_0/yarn-yarn-resourcemanager-hdm3.gphd.local.log.3 <<
/var/log/gphd/hadoop-yarn-2.0.2_alpha_gphd_2_0_1_0/yarn-yarn-resourcemanager-hdm3.gphd.local.log.4 <<
:
:

コメント

Powered by Zendesk