Pivotal Knowledge Base

フォローする

RabbitMQ のサポートサイクルについて

事象
Pivotal テクニカルサポートでは、新機能やバグ改修の恩恵を受けるため、常に最新リリースの RabbitMQ へアップグレードすることを推奨している。しかしながら、RabbitMQ 関連システムを最新の状態に保つことが難しい場合は、RabbitMQ のサポートサイクルを理解することで、前もってアップグレードを計画することの助けとなる。
 
解決策
先ず始めに、ジェネラルサポート(General Support)の終了(フルサポート期間)を特定するため、使用中の RabbitMQ が商用版であるかオープンソース版であるか確認すること。次に、それがメジャーバージョンあるいは、マイナーバージョンであるか確認すること。それから、以下のサポート期間に関するガイドラインに従うことになる。
  • メジャーバージョン: オープンソース版並びに商用版ともに 3 年間
  • マイナーバージョン:
    • オープンソース版はリリース日より 12 ヶ月 
    • 商用版はリリース日より 18 ヶ月
具体例
メジャーリリースであるバージョン 3.1.0 の場合
A. 商用版:
B. オープンソース版:
 
リリース日の確認方法
A. 商用版:
B. オープンソース版:

コメント

Powered by Zendesk