Pivotal Knowledge Base

フォローする

Native Client の disable-shuffling-of-endpoints 設定について

適用範囲

全てのバージョンの GemFire Native Client

目的

本記事の目的は、プールのプロパティーである 'disable-shuffling-of-endpoints' の設定値によって、GemFire Native Client のサーバー接続生成動作にどのように影響を与えるか説明することである。

説明

disable-shuffling-of-endpoints は、クライアントがどのようにサーバーへ接続するかを指定することが可能な Native Client におけるプールのプロパティである。このパラメーターは、接続プールに静的なサーバーホスト名とポートのリストを設定した場合にのみ有効で、ロケーターのリストを設定した場合は無効となる。

このプロパティーは、'pr-single-hop-enabled' プロパティーと相互作用し、実際の接続動作は、以下のケースのいずれかに決定される。

  • disable-shuffling-of-endpoints を true に設定し、pr-single-hop-enabled を false に設定した場合、Native Client は必ずサーバーリストの一番最初に記載されているサーバーに接続を試みる。
    - 静的サーバーリスト <server host=... port=... /> を設定
    - pr-single-hop-enabled = "false" と設定
    - disable-shuffling-of-endpoints = "true" と設定
    
  • disable-shuffling-of-endpoints と pr-single-hop-enabled が両方とも true に設定されている場合は、Native Client はシングルホップアクセスを実現するため対象となるバケットが存在するサーバーに接続しにいこうとする。したがって、Native Client アプリケーションは、必ずしも、サーバーリストの一番最初に記載されているサーバーに接続しにいくとは限らない。
    - 静的サーバーリスト <server host=... port=... /> を設定
    - pr-single-hop-enabled = "true" と設定
    - disable-shuffling-of-endpoints = "true" と設定
    
  • 最後に、disable-shuffling-of-endpoints' が false の場合(デフォルト設定)、Native Client は、pr-single-hop-enabled の設定値にかかわらず、サーバーリスト中のサーバーのいずれかにランダムに接続を試みる。
    - 静的サーバーリスト <server host=... port=... /> を設定
    - pr-single-hop-enabled = "true" あるいは "false" と設定
    - disable-shuffling-of-endpoints = "false" と設定
    

コメント

Powered by Zendesk