Pivotal Knowledge Base

フォローする

Linux 上で Redis をインストールし使用する方法

環境

製品 バージョン
Redis 3.0.1 以降
OS Ubuntu 14.04

目的

ユーザーは、容易に Redis を Linux 上にインストールし、redis-cli クライアントを用いた redis コマンドで実行可能である。

手短に言うと、Redis は高パフォーマンスなキー・バリュー型のインメモリ NoSQL データベースキャッシュであるが、ディスクにデータ永続化可能で、高いスケーラビリティーを提供する。デフォルトでは、Redis は、事前に指定した時間間隔で dump.rdb と呼ばれるバイナリファイルでディスク上にデータ集合のスナップショットを保存する。したがって、当該時間間隔内で発生した任意の変更はサーバークラッシュ時に失われる可能性がある。 

詳細に関しては Redis のマニュアルの導入編を参照されたい(http://redis.io/topics/introduction

解決策

以下のデモ設定では、Ubuntu 14.04 とダウンロードサイト(http://download.redis.io)から入手可能な最新の安定版 Redis バージョン 3.0.1 を使用する。

1)  Ubuntu 上に Redis サーバーのダウンロード、ビルド、インストールを実施。

> cd /usr/src
> wget -c http://download.redis.io/redis-stable.tar.gz
> tar xvzf redis-stable.tar.gz
> cd redis-stable
> make && make install

2)  Redis script のインストールを実施。

> utils/install_server.sh
Welcome to the redis service installer
This script will help you easily set up a running redis server

Please select the redis port for this instance: [6379]
Selecting default: 6379
Please select the redis config file name [/etc/redis/6379.conf] /etc/redis/redis_6379.conf
Please select the redis log file name [/var/log/redis_6379.log]
Selected default - /var/log/redis_6379.log
Please select the data directory for this instance [/var/lib/redis/6379]
Selected default - /var/lib/redis/6379
Please select the redis executable path [/usr/local/bin/redis-server]
Selected config:
Port           : 6379
Config file    : /etc/redis/redis_6379.conf
Log file       : /var/log/redis_6379.log
Data dir       : /var/lib/redis/6379
Executable     : /usr/local/bin/redis-server
Cli Executable : /usr/local/bin/redis-cli
Is this ok? Then press ENTER to go on or Ctrl-C to abort.
Copied /tmp/6379.conf => /etc/init.d/redis_6379
Installing service...
 Adding system startup for /etc/init.d/redis_6379 ...
   /etc/rc0.d/K20redis_6379 -> ../init.d/redis_6379
   /etc/rc1.d/K20redis_6379 -> ../init.d/redis_6379
   /etc/rc6.d/K20redis_6379 -> ../init.d/redis_6379
   /etc/rc2.d/S20redis_6379 -> ../init.d/redis_6379
   /etc/rc3.d/S20redis_6379 -> ../init.d/redis_6379
   /etc/rc4.d/S20redis_6379 -> ../init.d/redis_6379
   /etc/rc5.d/S20redis_6379 -> ../init.d/redis_6379
Success!
Starting Redis server...
Installation successful!

3) Redis サーバーが起動して動作しているか確認、並びにテストを実施。

> /etc/init.d/redis_6379 status
Redis is running (27186)
> redis-cli -p 6379 info server
# Server
redis_version:3.0.1
redis_git_sha1:00000000
redis_git_dirty:0
redis_build_id:12cbc4f9d2e9a54e
redis_mode:standalone
os:Linux 3.13.0-52-generic x86_64
arch_bits:64
multiplexing_api:epoll
gcc_version:4.8.2
process_id:5636
run_id:cf81f1b40bc435ed8629559fe6930fbf9c9f4c57
tcp_port:6379
uptime_in_seconds:7279
uptime_in_days:0
hz:10
lru_clock:4959700
config_file:/etc/redis/redis_6379.conf

redis-cli クライアントを用いて Redis コマンドを実行

> redis-cli
  • 複数のハッシュフィールドを複数のバリューに設定
hmset user:1  name kymeng email klim@pivotal.io phone 1234567
OK
  • あるハッシュの全てのフィールドとバリューを取得
 hgetall user:1
1) "name"
2) "kymeng"
3) "email"
4) "klim@pivotal.io"
5) "phone"
6) "1234567"
  • 全ての与えられたハッシュフィールドのバリューを取得
hmget user:1 name email phone
1) "kymeng"
2) "klim@pivotal.io"
3) "1234567"
  • ハッシュフィールドの値を取得
hget user:1 email
"klim@pivotal.io"
  • 与えられたパターンに合致する全てキーを検索
keys *
1) "user:1"
  • ハッシュの全てのフィールドとバリューを取得
hgetall user:1
1) "username"
2) "kymeng"
3) "email"
4) "klim@pivotal.io"
  • 設定パラメーターのバリューを取得
config get *
 1) "dbfilename"
  2) "dump.rdb"
  3) "requirepass"
  4) ""
  5) "masterauth"
  6) ""
  7) "unixsocket"
...
  • 現在のデータベースから全てのキーを削除
 flushdb
OK
  • キーに文字列型のバリューを設定
set server:redis version:3.0.1
OK
  • 与えられたパターンに合致する全てのキーを検索
keys *
1) "server:redis"
  • 指定したキーのバリューを取得
get server:redis
"version:3.0.1"
  • データセットをディスクに同期・保存し、サーバーをシャットダウン
shutdown save
not connected>

追加情報

加えて、以下の設定方法関連 KB 記事も参照されたい。

コメント

Powered by Zendesk