Pivotal Knowledge Base

フォローする

Ambari 経由で Pivotal HDB セグメントを追加後、当該新規セグメントが起動しない

環境

製品 バージョン
Pivotal HD(PHD) 3.0.x
Pivotal HDB 1.3.x
Ambari 1.7.1 / 2.1.2

事象

Ambari 経由で新規に追加されたセグメントを起動しようとすると、上がってくるまでおよそ 60 秒かかるように見え、その後停止してしまう。既存運用環境に影響はないが、具体的に以下のような事象が見られる。

  • Ambari は HAWQ セグメントのいくつかが起動していないことを示す。

  •  Ambari 上で新規追加ノードを見ると、HAWQ セグメントが停止しているように見える。

 

  • 当該 HAWQ セグメントを起動しようとすると、"Start HAWQ Segment" が完了状態となり、60 秒後に HAWQ セグメントが起動する。その後、上述のスクリーンショットのように再度停止してしまう。

 

  • 問題が発生しているノードのセグメントディレクトリーを見ると、空である。
[root@dn4 ~]# ls -ltr /data/hawq/segments/
total 0
[root@dn4 ~]#

原因

この問題は、Ambari 1.7.1 や 2.1.2 では HAWQ セグメントの追加をサポートしていないことにより発生する。

Ambari 自体はソフトウェアをインストールし、新規ノードにおけるいくつかのオーペレーティングシステム設定を行うことができるが、セグメントは正しく初期化されず、セグメントの起動に失敗する原因となる。

解決策

HAWQ と Ambari とで、両者ともに同数のセグメントを認識するよう同期をとる必要がある。そのためには、以下の 2 つの選択肢がある。

A) CLI 経由でセグメントを初期化(推奨方式)

Pivotal HDB クラスターを正しく拡張するために、Pivotal HDB のドキュメントに従う。 

注意: クラスター拡張作業の各手順による影響を完全に理解するために、クラスターを起動する前にドキュメントの内容を熟読すること。 

注意: クラスター拡張作業の一部として行われるルート SSH 鍵の交換は、Ambari 経由で Hadoop クラスターにノードを追加した時点ですでに実施済みのはずである。

あるいは…

 

B) Ambari からセグメントを削除(非推奨方式)

セグメント自体を削除する必要がある場合(非推奨であるが)、以下の手順で、Ambari のセグメントエントリー(Ambari API 経由)と HAWQ パッケージを削除することによって対応可能である。

1. Ambari ノードから以下のコマンドを実行することによって、HAWQ セグメントを削除する。

curl -u admin:admin -H "X-Requested-By: ambari" -X DELETE http://<Ambari ホスト FQDN 名>:8080/api/v1/clusters/<クラスター名>/hosts/<対象ホスト>/host_components/HAWQSEGMENT

注意: これにより、Ambari の HAWQ セグメントが削除されてしまうので、URL には正しいホスト名を設定するよう注意。

 2. HAWQ パッケージのインストール情報を確認。

[root@dn4 ~]# yum list installed hawq
Loaded plugins: fastestmirror, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: anorien.csc.warwick.ac.uk
* extras: centos.mirroring.pulsant.co.uk
* updates: www.mirrorservice.org
Installed Packages
hawq.x86_64 1.3.1.1-19631 @PADS

3. インストール情報に基づいて、HAWQ パッケージを削除。

root@dn4 ~]# yum remove hawq.x86_64
Loaded plugins: fastestmirror, security
Setting up Remove Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package hawq.x86_64 0:1.3.1.1-19631 will be erased
--> Finished Dependency Resolution Dependencies Resolved <...> Installed size: 458 M Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Erasing : hawq-1.3.1.1-19631.x86_64 1/1
Verifying : hawq-1.3.1.1-19631.x86_64 1/1 Removed:
hawq.x86_64 0:1.3.1.1-19631 Complete!

4. 当該ノードに生成された任意のセグメントやマスター用のディレクトリーを削除。

 

コメント

Powered by Zendesk