Pivotal Knowledge Base

フォローする

GemFire Tile 1.5 のデプロイやアップグレードを行う方法

環境

製品 バージョン
Pivotal GemFire Tile 1.5

目的

GemFire Tile バージョン 1.5 の導入は若干複雑であり、以下のような点に留意する必要がある。

  • Tile 自体のデプロイやアップグレードを行う前に、GemFire CF CLI プラグインをバージョン 1.5 へアップグレードする必要がある。その旨はドキュメントに記載されているが、小さい文字で書かれており見落としやすい。
  • GF Tile 1.5 はローリングアップグレードでデプロイすることはできない。こちらもドキュメントに記載されているが、同様に見落としやすい。

手順 

  1. GemFire CF デプロイメントファイルを用いて、bosh stop コマンドを発行する。
  2. 全ての VM が停止した後、バージョン 1.5 の Tile を参照する GemFire CF デプロイメントマニフェストを用いて bosh deploy コマンドを実行する。
  3. GF CF デプロイメントマニフェストを用いて、bosh start コマンドを発行する。

この手順は、各操作項目実行の度に、各 GemFire VM それぞれに 1 分ほどかかり得る。したがって、例えば 10 のロケーターが稼働する、総計 30 のサーバーで構成された GemFire PCF クラスターの場合、優に 2 時間はかかってしまう可能性がある(実際はそこまでかからないこともある)。なお、BOSH deply タスクは、何らかの問題で処理が異常終了しない限り、中断することはできないことに留意されたい。

上記手順は、アップグレード最中に最も発生する可能性が高い問題解決すべきものである。上記手順に従っていない場合は、最初からやり直すべきである。

追加情報

GF CF CLI のインストール方法等についてのドキュメント

 

コメント

Powered by Zendesk